スリビア 公式

腸内フローラを整える方法

腸内フローラは腸内を顕微鏡で見ると花畑のように見えるから、そう呼ばれています。

 

腸内細菌はたくさん の種類がいて、1000種1000兆個以上で、人それぞれ違います。

 

AさんとBさん、同じ年齢で同じ職業だとしても、生活が違えば腸内細菌の種類や数は違うので腸内フローラ=腸内環境も違ってくるのです。

 

腸内細菌は大きく分けて3つ。

 

・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌

 

があり、日和見菌は善玉菌と悪玉菌の優勢な方と同じ働きをします。

 

ベストな腸内環境は善玉菌2割悪玉菌1割。

 

残りの7割は日和見菌だと、悪玉菌も悪さをしないし、日和見菌も善玉菌の味方をします。

 

では、このバランスを保つのにはどうしたら良いか。

 

一番良いのは規則正しい生活ですが、善玉菌を直接サポートすることで腸内フローラを整えることができます。

 

そして、善玉菌と言えば「乳酸菌」

 

腸内環境を整えることが有名ですが、死んでしまった菌でも働いてくれるので生きたまま腸に届かなくても効果が期待できます。

 

ただ、乳酸菌は腸内に居続けることができないので、継続することが大切!

 

腸内フローラが整ったからおしまいではなく、毎日習慣にしてバランスを崩さないように心がけましょう。

 

簡単なことですが、腸内フローラを整えるのには効果的です。

 

 

スリビアで副作用?心配なオナカとの関係

スリビアはサプリなので副作用があるということはありませんが、

 

・おなかが張る
・おなかが緩くなる
・便秘改善されたけど元に戻った
・おならが出る

 

と言ったようなことがあります。

 

これはスリビアに限らず、乳酸菌に共通することなのです。

 

今乳酸菌はたくさんの種類がありますが、全部同じではないので自分との相性があります。

 

牛乳でお腹の調子が悪くなる人は乳糖が関係している可能性があるので、ヨーグルトは同様な症状ができることもあります。

 

合わない症状のひとつに便秘やガスがたまるということもあります。

 

整腸作用効果を期待しているのに下痢・軟便・便秘などになるなんて…と思うかもしれませんが、実は合わないわけではなく腸内バランスが改善されて最中ということも。

 

悪玉菌や不要なものを排出しようとすると一時的に下痢や軟便になったり、腸が活発に働くことでこれまでとは違う違和感を感じることがあるのです。

 

それがずっと続くわけではないので、しばらくは飲み続けるのがベスト!

 

便秘やガスが気になるのなら量を増やすという方法もあります。

 

 

これはスリビアの副作用ではありませんが、問い合わせても医師ではないし、症状をはっきりみているわけではないので中断したほうが良いかどうかの判断は難しくなります。

 

腸内環境が悪い場合、それなりの症状が出ることも理解しておくと安心して飲むことができますよ。